クレジットカードローン大百科

MENU

お金が必要ならぜひチェックしてください

教えている先生

このサイトは今すぐお金が借りたい人に関する情報をまとめています。ファイナンシャルプランナー2級の資格を所有する管理人がお金を借りる様々な方法をご紹介します。

 

 

すぐにお金を借りるにはどうすればいい?

急にお金が必要になった場合に手元にお金がないけどどうしても必要になった場合、「親に借りる」「友人に借りる」「市役所などから借りる」「銀行から借りる」「定期預金を解約する」などが方法がありますよね。

 

ですが、どれもダメでどうしてもお金が用意できない場合、数万必要という場合には「カードローン」をオススメしています。

 

 

カードローンとは?

カードローンとは「個人向けの無担保で融資(お金を貸してくれる)」会社のことです。つまり、「担保」が必要ありません。自動車や家を購入する場合は担保として「自動車」や「家」を設定するのでお金を貸す側(銀行など)はリスクを下げることができるので金利が低くなります。

 

それに比べてカードローンは無担保で個人信用となるので、お金を貸す側のリスクが高くなりますのでその分金利が高くなります。

 

通常銀行などからお金を借りる場合は「担保」が必要となります。これは「人的担保」と「物的担保」の2種類に分かれます。「人的担保」は「保証人」だったり「物的担保」は「土地」「自宅」「車」だったりします。もしあなたがお金を返せなくなったり返済が遅れるようなことがあれば「土地」や「車」などで代わりに返済してくださいね。ということになります。これがあるため住宅ローンやカーローンは金利を低く理由のひとつとなります。

 

ただし、その分審査が簡単になりますのでお金が借りれるまでの期間が短くすることができ早く借りれるところでは午前中に審査をすれば、30分〜1時間で審査が終わりその日にすぐお金を借りることが可能なカードローンもあります。

 

他にもお金を借りてからある一定期間(30日間など)は金利0%で借りることも可能です。期間内に給料やアルバイト代が入って全部お金を返済できる場合は金利を一切払わずに借りた金額だけ返済することも可能です。

 

また、「むじんくん」のように無人の自動契約機で誰にも会わずにお金を借りれます。消費者金融の店舗に行って店員さんと顔を合わせることもないですし、怖いお兄ちゃんが出てくることもありません。誰にも会わずにお金を借りることができます。近所の知り合いの目を気にせずに「ネットだけでお金が借りれる」時代です。

 

カードローンのメリット
  • 審査が早い!(30分〜1時間で借りれる)
  • 一定の期間は金利0%で借りれるところがある!
  • 人に会わずにこっそりお金が借りれる!
  • 担保や保証人がいらない!

 

 

カードローンは安全?怖くない?

消費者金融のイメージといえば返済が一日でも遅れると怖い取り立て屋、暴○団の兄ちゃんが自宅、職場、親に毎日電話がかかってきたり押しかけてくるという「なにわ金融道」のようなイメージがありますよね。金利が10日で1割(トイチ)の暴利とか。お金が払えなかったら体で払えみたいな。内臓を海外に売られるみたいな。最近でいえば「闇金ウシジマくん」のイメージが強いでしょうか。

 

しかし、それらは「闇金」でお金を借りた場合の話です。

 

「闇金」と「消費者金融」や「銀行系カードローン」は全く違います。「闇金」を当サイトで紹介することは一切ありません。すべて、誰もが聞いたことのあるような銀行を紹介しています。例えば、「みずほ銀行」や「三井住友銀行」や「三菱東京UFJ銀行」などが母体となっているのでまさかそんな取立てができるわけありませんよね。初めてお金を借りるなら必ず聞いたことのあるような大手のカードローン会社にしましょう。

 

 

カードローンで借りるために一番大事なことは?

お金を借りるために一番大事なのは「(毎月)安定した収入があるか」ということです。そんな「お金を借りやすい」カードローンですが当然全員がお金を借りられるということではありません。当然審査に落ちる人もいます。一体どのような人が審査に落ちるのでしょうか。

 

審査に通るのが厳しいと思われる人
  • 安定した収入がない人(ニート、無職、など)
  • 未成年
  • 過去にトラブルがあった人(多重債務、ブラック、自己破産など)

>>審査に通らない人はどうやってお金を借りる?のページはこちら

 

安定した収入がなければお金をどうやって返すのでしょうか。収入源がなくて返済できず泥棒をしてお金を返すような人にお金を貸せませんよね。つまり、アルバイトやパートなどの月5万〜10万程度の収入でもお金を借りることができるカードローンもあります。

 

 

カードローンを申し込むのに必要な物・書類は?

カードローンでお金を借りるには審査に通る必要があります。その審査には主に個人の信用調査となります。審査には主にWEB契約、来店契約、郵送契約がありますが一番楽で審査が早いのは「WEB契約」です。WEB契約ではあなたの個人情報や自宅情報、勤務先情報をWEBフォームに入力します。入力する前でも借りれるか簡単に診断できます。(生年月日、年収、現在他社からの借入金額)

 

本人確認書類

 

申し込みをした後に、書類を送る必要があります。最近ではスマホのカメラ機能を使ってメールやWEBなどにアップロードして時間短縮ができます。は主に「本人確認書類」「収入証明書類」が必要となりますが、カードローン会社によっては「収入証明書類」は一定の金額まで提出する必要がないところもあります。

 

審査に必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

 

審査が通ったらどこでお金が受け取れるの?

無事にカードローンの審査がおりたら、「ご利用限度額」というのが決まります。この金額内であれば自由に範囲内でお金を借りることが可能です。

 

借りたお金を引き出す主な方法
  • カードローン会社のATM
  • 全国にあるコンビニのATM
  • 提携している銀行ATM
  • ネットから自分の口座へ振り込み

 

 

カードローンで借りたお金を返す方法は?

借りたお金は当然ですが、返さなくてはいけません。金利もかかりますのでできるだけ早く返したいのが本音ですよね。今ではコンビニにもATMがありますし、提携しているカードローンも増えました。いつでもどこでも返済できます。提携ATMに分割・一括で返済するだけでなくインターネットからパソコン、スマホから返済もできますし口座振替でコツコツ返済することも可能です。口座振替ならうっかり返済し忘れることもありません。

 

借りたお金を返す方法
  • カードローン会社のATM
  • 全国にあるコンビニのATM
  • 提携している銀行のATM
  • インターネットから返済
  • 口座振替